医学部予備校のメリット

医学部合格を目指すなら、医学部の試験対策に重点を置いた予備校に通うという選択肢があります。医学部専門の予備校は志望校の問題の傾向までしっかり分析したり、医学部の入試に精通した講師陣が徹底的にフォローしてくれたりと、通うことに大きなメリットがあるのです。

少人数制で学力の底上げが出来る!

医学部予備校では、医学部に特化しているのでその分生徒数が少ないところがほとんどです。10人以下のクラスになるので、授業中に質問しやすい環境となっています。授業後すぐに講師に相談することも可能です。…

勉強面から生活面までサポートが手厚い!

大学の中で最も入学が難しい学部として医学部があります。高校から直接医学部に入学できればいいのでしょうが、志望校に合格できなかったときは予備校に行く必要もあるでしょう。特に合格レベルに程遠い状態であ…

本気で医学部合格を目指すなら医学部予備校

医学部予備校と大手予備校、どう違う?

どの大学でも医学部は難易度が高く、受験生にも人気があって、倍率は高くなるばかりです。医学部を目指す場合は、より入念な準備が必要になります。その対策として予備校への通学を検討している受験生も多いでしょう。予備校というと、CMで目にしたり模試を実施したりしている大手予備校がまず頭に浮かびますが、医学部を受験する人のための医学部予備校という学校があります。 大手予備校にも医学部受験コースはありますが、この二つの予備校はそれぞれ異なる特徴を持っています。大手予備校は全教科対策を主とした集団授業がメインであるのに対し、医学部予備校は志望大学に特化した少人数またはマンツーマン授業がメインです。したがって、大手予備校の場合、国公立大学を受験するなら十分に対策できますが、受験科目や出題パターンがさまざまな私立大学を受験する場合には細かい対策が不十分になる可能性があります。

医学部予備校はなぜ良いか

医学部予備校は医学部に特化しているので、講師は医学部受験について知り尽くしていますし、入試情報も豊富に持っています。医学部は出題分野やパターンが大学によって複雑に異なっており、それらの情報を正確に入手できるのは大きなメリットです。また、最近は入試の際に面接を行う大学が増えていますが、医学部予備校は、各大学の傾向に合わせた面接練習などの対策も徹底的に行います。中には、勉強を教えるだけではなく、カウンセリングなどメンタル面のサポートを行っているところもあります。 医学部予備校は一般的に大手予備校よりも費用が高いと言われていますが、少人数制なのでわからないところがあってもすぐに対応してもらえ、結果的に効率よく成績が上がると言われています。豊富な情報を得たり、志望大学に合わせてカリキュラムを組んでもらえたりすることを考えると、確実に医学部に合格したいのならお得な選択でしょう。

医学部予備校のデメリット

魅力的に思える医学部特化型の予備校ですが、通うには事前に知っておきたいポイントもあります。生徒の志望度や学力、部活動などの活動を併せて通うかどうかを判断しましょう。予備校選びが将来を決める重要な点となることがあるので注意が必要です。

他の学部の入試対策が不足する可能性がある

医学部を目指す学生はそれなりの意思や信念を持っているので、多くは医学部のみの受験をするのでしょう。ただ将来的に医学系の仕事ができるならとそれに近い歯学部や薬学部の受験もしたい人がいます。歯学部も薬…

希望した予備校に必ずしも通えるわけではない

予備校では、一人の講師が多くの学生に対して講義を行うイメージがあるかもしれません。大手予備校の人気講師の授業であればそんな授業もあるのでしょう。一方医学部予備校においては少ない生徒に対して質の高い…

拘束時間が長く他の活動ができない場合がある

医学部と言えば高額な授業料が必要になりますが、国公立なら他の学部と変わらない授業料で学べます。ただ国公立の難易度は高くかなり勉強しなければいけません。又勉強のために医学部予備校に通うときがあります…

トップに戻る